2024/2/1 - 2/2 救急資機材展2024 in NAGOYA(全国救急隊員シンポジウム)@名古屋国際会議場 に出展

熱中症から命を守る冷却パック【POLAR SKIN ポーラースキン】– POLAR SKIN COMPREHENSIVE COOLING SYSTEM –

熱中症から命を守る、
U.S.A.レスキュー最前線の冷却パック。

ポーラースキン独自の2つの技術
より早く、より長く冷却するために。
ポーラースキンアイスシート™は、体温上昇に反応して気化熱による冷却を促進します。
鼠蹊部(そけいぶ)や腋窩(えきか)など、大量の血液が流れる部位の長時間の冷却を可能にします。
空気や水分の移動を防ぐ丈夫なホイルパウチに密封されています。
ポーラースキン・ミニメッシュ
機能性ポリマーで処理され、自重の350%の水を吸収する
高機能繊維。
アークティック アクア
冷却に必要な水分を保ちながら、-18.7℃より低温でも
硬くならない独自のテクノロジー。

タブを切り替えてコンテンツをご覧いただけます

命を守る冷却力、ポーラースキン。
深部体温を確実に下げる。
治験の結果、プロトコールに従って冷却した場合、 深部体温とは
深部体温が20分間で約1.0℃下がった。

深部体温とは、体の内部、特に体幹部における温度を指します。
これに対して、体表の皮膚の温度は「表面体温」と呼ばれます。 深部体温は、心臓、肺、腹部の内臓、脳などの中心部に位置する臓器の温度を示し、これらの臓器は一定の温度範囲内で最も効率的に機能します。
したがって、深部体温は体の正常な生理的機能を維持するためには非常に重要です。
人間の深部体温は通常、約37°C(98.6°F)で安定していますが、運動、環境の温度、食事、睡眠、疾患など多くの要因によって変動します。
熱中症や低体温症などの状態は、深部体温が正常範囲から逸脱したときに発生することがあります。